HOME > アルバム >
グリコのオマケ/Muñeco de GLICO
グリコのオマケ/Muñeco de GLICO
 最近コンビニに行くと、ブームなのかフィギュア風ミニチュアのオマケが付いたお菓子がいろいろ売っているその中でもスグレモノだったのは、ちょっと前に売っていたグリコの懐かしい昭和30年代辺りのミニチュアオマケだ。
 鉄人28号や当時の乗り物、はたまた家庭電気家具などなど、実にリアリティなミニチュアに、思わずおじさんは、少年の目になって涙うるうる〜。
 娘の保育園の迎え時や仕事の後など、とにもかくも毎日毎日買い続けた。
 何が入っているのか分からないのが駄菓子屋のスカクジのような楽しみがあるのだが、4つ買ったら4つとも同じ黒い扇風機だったりして、それだけで1日がブルーになった。
 グリコのキャラメルもそれなりに食べれば美味しいのだけど、毎日食べているとさすがに飽きた。でも、買い続けたアホの極まり〜。

グリコのオマケ 1ヵ月ぐらい続いたこのシリーズも終わってみれば、結構集まった。50個ぐらいは買っただろうか。
 鉄人28号シリーズの「対、ブラックオックス」と「悪漢を捕まえる」の2つだけはゲットできず、それを悔しがる40過ぎのおやじは、きっとスットコドッコイに見えただろう。
 それでも色違いのボンネットバスやカラーバージョンの鉄人28号をゲットできて非常に嬉しかった。当然、それを嬉しがる40過ぎのおやじは、きっとアンポンタンに見えただろう。

 さて、これをどうしようかと思っていたある日、子供を連れて「トイザラス」に行ってみれば、なんとディスプレーボックスなるものが売っているではないか。これに入れて飾ることにした。
 アクリルではなくただの透明プラスチックなので透明度が悪くやや目を悪くしそうな見え具合だが、1,000円だから文句は言えない。
 あの昭和20年代半ばから30年代初頭、今でもあるのなら印象も違ったけど、殆どが姿を変えたり消えてしまったので、それらミニチュアを見る度に、昔に思いを馳せることができた。

グリコのオマケ/Muñeco de GLICO

戻る