タブ(Tab) その1

 箇条書きやイベントなどのお知らせ事項を記す時にスペースを入れてそれらを揃えたい時があり、角や半角のスペースを入れて間隔を調整するのも良いが、文字をまたがって、または全角と半角が入り交じり間隔を複数入れた場合、それがズレる時がままとしてあります。
 全角や半角のスペースを入れて調整してゆくのもあるが、必ずしも全てが綺麗に揃わないのは一つの文字の間隔が、それぞれの文字によって別々だからです。
 特に半角のアルファベットや数字も入り交じってくると尚更。

1) 全て全角:
 山根サッカー協会(Yamane Footbol Association)
 入会金 10、000円
 年会費  6、800円

2) 全角&半角:
 山根サッカー協会(Yamane Footbol Association)
 入会金 10,000円
 年会費   6,800円

  入会金と年会費の円の右側が揃っているのが 1) だけど、見た目の感覚として主観的に 1) はダサい感じがする。
  アルファベットや金額の数字等は半角の方がスマートです。
  スマートだけど上手く揃わないところは、ワープロ等の機能の一つ「タブ」を使います。
  また表機能を使うのもありです。↓
       
山根サッカー協会(Yamane Footbol Association)
入会金: 10,000円
年会費:6,800円
 

 罫線が邪魔なら消すのも一考です。↓
       
山根サッカー協会(Yamane Footbol Association)
入会金: 10,000円
年会費:6,800円
 

 ただ、簡単にかつそして他の文章とのバランスを考えると、タブの方が全体の文章作成において簡単で早い場合があります。

 タブ操作のポイントは、全ての文章が整い、プリントアウトする為のフォントのサイズが決まってから行うのがタブ調整で、先に行ってしまうとタブがズレてしまうところです。
 適当の長さにタブを入れておいて、作成しながら調整してゆく方法もあります。


次 →

BACK