HOME > 写真集 >
MY COMPANY

MY COMPANY 20代で写真展、30代で写真集をと思っていた夢がなんとか実現したのが、3回のシリーズの写真展をまとめた、この写真集「MY COMPANY」である。
 敢えて言葉を排し、それぞれの冒頭に少しだけ添え、前書きも稚拙なスペイン語訳及び名訳なる中国語と英語だけにした。「写真は写真で語るもの」と思っての気負いがあったのだろうが、やや「青さ」を感じる今日この頃。それでも集約された自分がここに写っていると云う気持は変わらない。
 何かの社会情勢を訴えている訳でもないし、何かの社会事情を現している訳でもない。一つの個の証に過ぎないのだけれども、それが写真表現としてハズれているとは思えない。
 ただ、無名写真家が無名な人々を撮った写真集は、限りなく売れないと云うのは事実みたいだ。

我們常常看到的所謂肖攝影集是、作者是著名攝影家或是拍攝對象是著名人物。
此些攝影集的攝影家和模特皃通常都是有名的。那麼不著名攝影家拍攝不著名人物的肖像攝影集是如何?
這回請各位欣賞我的快拍肖像攝影集「MY COMPANY」。
這個攝影集内容是拍攝我在日常生活上遇到很多地的很多朋友們、特別是在我深愛的西牙班拍攝我喜愛的西牙班朋友們。
不出名的演員、別人的妻子「瞳」、父母親、眼鏡店的老板、貧窮的弾吉他家、出租汽車司機、酒楼的老板、老師、編輯者、著作家、税理士、醫生等等。
這些朋友們都知道我是很愛喝酒的貧窮攝影家。
「這只不過是普通的照片?」
イ尓也這樣?

如有感想、歓迎給我聯絡。


 We often see portraits by well-known photographers, or portraits of famous characters. Then what about a book by an unknown photographer, portraying unknown pieople?
  I am plesed to present my photo album, "MY COMPANY".
 Here are images of daily life of my friends, I met in various places with various impressions. Also seen are images from my trips to my favorite country, Spain and my dear friends I made there.
 Among them are an unknown actor, a housewife Hitomi, my parents, an optician, a poor guitarist, a taxi driver, a master of a tavern, a free lance writer, a tax accountant, a doctor and many others.
 They are all my friends, who know that I am just a poor photographer who loves drinking.
"Well, then they are just ordinary photographs!"

N E X T

戻る