HOME > 友人情報 >

葡萄畑

コンピューターの画面で
一粒の葡萄の種のような爆弾が
異国の町に落ちて行くのが見える

でもそれは
人を潤す葡萄ではなくて
人の命と
人の生きて来た歴史を消す
悪の種

誕生、算数、抱擁、
結婚式、親戚の葬式
書き溜めた日記
すべてが一瞬にして消え
つつましやかで善良な
日常の歴史もそこで終わる

戦いに何の意味があるのか
消した後のコンピューターの画面は
泥炭を含んだどうにもならない
腐った葡萄畑のように
暗くよどんでいるが
最期の鮮血がワインのように
斜めに走っている

草野早苗 著

第35回 神奈川新聞文芸コンクール最優秀賞 2005年度

 
戻る