HOME > 友人情報 >
原島 里枝 詩集
Harashima Rie

『思惟の漁り』

『思惟の漁り』

わたしの底を流れている 人としての意識に
ことばの生命が孕んでくるのを
索め確かめ続けてまいりました。
荒削りでも形に顕れてきているでしょうか。

 
本書帯から


著者プロフィール:
原島 里枝(はらしま りえ)
1974年 栃木県生まれ。
埼玉詩人会、大宮詩人会、会員。

風心社刊
2014年11月1日 初版第一刷発行
ISBN978-4-86536-009-7
定価:1,100円+税

アマゾンで買う


『こころのともしび』
『こころのともしび』

人生の先に灯りが見えなくなったとき、
人は「生きるとは何か」という真っ暗闇の迷路に迷い込む。
だが、どうだろう。どんな孤独の淵に立っていたとしても、
自分も本当は独りぼっちではないことに気付いたとき、
こころに宿るともしばは煌々と未来を照らし始めるのだ。

 
本書帯から


埼玉新聞社刊
2006年8月28日 初版第一刷発行
ISBN4-87889-279-X
定価:1,500円+税

アマゾンで買う

戻る