HOME > ワークス >
白黒写真日記 OLYMPUS   カメラクラブ(OCC)  Photography

Vol.490 2000年1月

中島健の白黒写真日記
ネーチャースナップ 自然のおりなす鮮やかな色彩は時として人の心を奪う。一面に咲き乱れるお花畑や真紅な空に覆われた紅葉を「おおお、綺麗な色だ!」とパシャパシャ撮っていたら、それはモノクロだったというのは私の笑い話。
 ネーチャーフォトはカラーが殆どですが、自然のおりなすモノは何も「色」に限られている訳ではありません。色にとらわれないと対峙するモノをじっくり見定められるゆとりもでてきて、色の呪縛から解放されたモノクロは、見落としがちな自然の細部描写をより幅広いトーンで再現し、独特な臨場感と存在感を与えてくれるのが一つの魅力でしょう。
 撮ったら現像所に出して終わるカラーに比べ、そこからフィルム現像、プリントと続く工程の手間と煩雑さは、モノクロへの誘いを躊躇させる要因だと思いますが、得た者しか分からない世界というのも大きな魅力。急ぐ人生の趣味でなければ取り組むかどうかの一考の価値ありきです。

ネーチャースナップ ネーチャースナップ ネーチャースナップ
ネーチャースナップ ネーチャースナップ
OM-3
35mm f2,8 & 100mm f2,8
TRI-X
FOCOMAT Ic / Focotar 50mm f4


【番外編】----------ページの都合で割愛されたカット

ネーチャースナップ ネーチャースナップ ネーチャースナップ
ネーチャースナップ ネーチャースナップ

戻る