佛教大学歴史学部

> お勉強

■ SR履修/S履修

 単位もSR履修は2単位で、S履修は1単位。いずれもスクーリングなのだけど、微妙に違いがあるようだ。
 SR履修の方は、スクーリングの後に課題が出され10日後までにレポートを提出するのだが、S履修の方は、スクーリングの最後の時間にその場で筆記テストがある。以前は、17:30終了だったのが現在は18:00になった。その朝から夕方までびっちりある授業後の筆記試験は精神的に辛い。1単位しかないS履修は、隠れドM履修科目かもしれない。歴史学部東洋コースにはS履修が多い。

■ T履修

 T履修(テキスト履修)は、今までと変わらず指定されたテキストを読み、2単位ならレポート1つ、4単位なら2つのレポートを出して、1ヶ月後に後述の科目最終試験を受ける。
 1つのレポートは、設題文字を含め3200文字で、参考文献や引用等の文字数は含まない。その許容範囲文字数は、+-10%なので、2880字から3520文字になる。

 歴史学部は文学部中国学科とは違うのか、レポートも小論文風に捉え、序章・本論・終章なところを求められる。卒論に向けた予行的な演習なのかもしれない。とすれば、どうしても指定されたテキスト1冊では足りないが、T履修の1科目なので、その1冊で修めたい気持ちがある。
 このテの本は高く、1,500〜2,800円辺りだ。幸いなアマゾンの古本に助けられているが、送料入れて数百円以内ならポチッ、それ以上なら1冊 + ウィキペディア等のネット情報で頑張る。ただ、ネット情報は信憑性が薄いので卒論では1つでもNGで、レポートだと幾つかの文献の中の1つならセーフ、ネット情報オンリーだと不要な突っ込みが入り可と不可のボーダーラインを行き来する可能性がある(と思っている)。

 2019年の4月から全体の履修システムが変わる。個人的には旧来方式に則って切手を貼って郵送していたが、このレポートに関しては以前からネット提出もあったので、特に問題はない。あるのは、その後の科目最終試験だ。

■ 科目最終試験

 そもそもがレポート提出においては、あらかじめ申請する必要はなく、毎月1日から10日必着までのレポート受付期間に提出すれば、それで宣戦布告となる。そして自動的にその1ヶ月後に在住付近の会場にて論述試験を行う。その通知は後日送られてくる。関東エリアだと、板橋駅から徒歩20分の大正大学にて開催されることが多い。

 大学側からは沈黙と無回答に終始しているが、持ち帰ることのできるその回の科目最終試験の問題集を集計してみると、6つの設題に集約される。規則性はないのでその6つを記憶しなければならない。3つぐらいにヤマを張って臨むと、外れた時の精神的ダメージ甚だしく、かつ再試験までの期間が2ヶ月後とかとても長く面倒になるので、結局は6つをコンプリートして臨まなければならない。内容は別として文字数は600字が不可と可のボーダーラインと言われている。この辺はブラックボックスなので詳細不明だが、少なくとも800文字×6つの設題 = 4800文字ぐらいを覚えなければならない。しかし結果としてかなり勉強になる。
 席は1つの椅子をまたいで座るので、のぞき見るようなカンニングは不可能、って、そもそも隣に同じ学科の人が座る確率は皆無に等しく、仮に座ったとしても同じ科目を受験する可能性は限りなく低い。毎月のように告知される1人か2人の不正行為者は、何らかのカンニングペーパー持参だと思われる。

   
科目最終試験科目最終試験科目最終試験
 
 2019年の4月から全体の履修システムが変わるので、このように指定された現地に赴いて試験を受けることはなくなり、全てネット受験になる。
 散発的な情報では、試験期間は2日間連続で、その間に指定された設題のレポートを出せば良いようだ(2018年8月現在)。4800文字を暗記するより楽だと思われるが、暗記した方がより勉強になるような気もする。

大正大学の喫煙所 大正大学にも喫煙所があり2ヶ所確認済み。
 試験会場の1号館の裏にその1つがあるのでいつもそこを利用しているが、とても羨ましい。佛大には1ヶ所しか喫煙所がないし、この大正大学のはなんと屋根付きだ。佛大のなんて青空喫煙所なので雨が降れば、傘をさして吸わなければならない。さすが東京、恵まれている。
 禁煙、嫌煙とかまびすしいが、ここに集まる人はたいてい被迫害者同士的に自然と顔見知りとなる。アナザーワールドの親睦エリアと化す喫煙所だが、逆にここで知り合った人達との絆は深い。

■ 卒論

 3年次編入したばかりで卒論のテーマが明確になっていたら大したもんだと思う。
 漠然と、中国の「三字教」か、台湾史辺りが良いかな、と思うぐらい。が、台湾史においては落とし処がいまだ見つからず。2018年7月現在。

■ 通信教育の学習

 通信教育の難しさをつくづく感じるのは、卒業まで、つまり論文を書き上げるまでモチベーションをいかにキープしてゆくか、いやキープし続けるかで、それ以外にないと思った。

 働きながら学べ、空いた時間等で自宅にて学習できる、と謳う通信教育の大学だが、それは2,3回までなら普通にできるだけのことで、継続して幾つもある科目を期間内で修めるためには、それなりの気持ちを持ち続けないと卒業には到達できないのが、仕事等で忙しい社会人だと思う。その自宅学習のT履修は、歴史学部の3年からの編入でも12科目ぐらいはあり、その間、大学で受講する幾つものスクーリングに待ち伏せされているからだ。

 結局は、時間が空いたからやるか、ではなく、その時間を見計らい、事前に手前からその時間に合わせて学習するぞ、という意識を持ち続けることに他ならないのだが、これが難しい。
 前回は、還暦前に学士取るぞ(大卒という学歴)という大きな目標があったが、今回は何もなく、斜に構えて「老後の暇つぶしデス」と言うくらいだ。しかし、同級生や大学の学友会スタッフなどとメールをしたり学外にて接している時には、大学生であることを無意識に自覚する「学生モード」になっていたような気がした(錯覚か)。
 ぶったんグッズを買ったり、ぶったんの壁紙やしおり、シールなどを自作したりし、そして、こんなホームページを作成するのも、全て自宅や学外においても「学生モード」に入れるためと、無意識に思っているのかもしれない。
 好みはあるかもしれないが、学習以外にも何かやらないと、学生である一つの身分を忘れて日常につぶされてしまい、最後にはフェードアウトしてしまう危険性をはらんでいるところがある。
 通信教育の卒業率が1割を切るのは、この辺か?と思うところがある。また、それを1割とすれば競争率は10倍となり、一般の大学の偏差値からするとそれなりの難関にもなり、気楽そうな通信教育大学も、卒業まではなかなか気楽にはゆかないものである。

■ レポート作成代行

 レポートや論文の作成を代行してくれるサイトがあるのを聞いて、とてもびっくりしたのは以前の文学部中国学科にアップした「代理レポート」なのだが、今でもそんなのがあるのか、と改めて「レポート作成代行」で検索してみると、驚くぐらいズラズラと表示され逆に恐くなってしまった。

 幾つか見てみたのは、どっから見ても不正、反モラル、学問への冒涜等を助長させるものでしかないと思う業者サイトが、これらをどのように正当化して述べているのかに興味を持ったからだ。さすが卒論などを代行するだけのことはあって、核心をズラして上手いこと述べている、と感心してしまった。
 レポートも卒論も他人と競うものではなく、内向へのチャレンジなのだが、オーソドックスに真面目にこつこつと非効率的に作業をしていると、どうしてもこれらへの苛立ちと怒りを覚えてしまう。

 そもそも佛教大学通信教育課程本科のT履修(テキスト履修)には必ず論述形式の科目最終試験があるので、レポートを代行してもらっても全く意味がない〜。その科目試験のないレポートだけの履修方法のR履修(レポート履修)があるが、そもそもこのR履修が限りなく少なく、またレポートだけの履修科目自体、それほど重要な科目ではないので改めてレポート作成代行を頼むほどでもない。卒論も口頭試問があるからハイリスクノーリターンでまず無理だろう。
 それでもこんなに沢山の代行サイトがあるので、それなりの需要である依頼する学生も少なくはない観がする。やはり、こういうサイトの存在よりも、そこに依頼する方に学問への姿勢を問うように「クズ」と呼び捨てたい気持ちになる。
 また代行関連Q&Aサイト等では、金だけ払ってトンズラとか、後に強請られて多額の口止め料を請求された、などの情報もあって、すげー世界だな、と大感心した。