佛教大学歴史学部

> 学友会

■ 2018.9.8-9:関東甲信越ブロック教科学習会、長野県上田

 関東甲信越ブロック主催の教科学習会があり、歴史学部の八木先生と仏教学部の田山先生をお招きして長野県の上田温泉へ行ってきた。
 恥ずかしながら上田がどこにあるのか分からなかった。長野県の軽井沢と小諸の間ぐらいかな?の程度。「駅前のコンビニとかってあります?」と、長野のスタッフに聞いたら「上田は、長野県で3番目に大きい町ですよ!」。
 宿は、駅から徒歩数分もかからないところにあった上田温泉ホテル祥園(http://www.ueda.ne.jp/~shoen/)。途中、祥園と記された専用のアーケード門があったから、昔からの由緒ある旅館なのだと思う。大河ドラマ「真田丸」を最近にこの上田でロケがあるとたいていの役者がここに泊まったのであろう、それぞれの記念写真が飾られていて、昭和の銀幕スター小写真展コーナーがあった。

長野県上田長野県上田長野県上田

 ブロック長の挨拶と記念撮影の後、八木先生と田山先生の講義がそれぞれ部屋を分けて始まる。が、私は撮影したのを今日中にプリントしてみんなに渡さなければならない撮影担当だったので、講義開始後、ロビーでMacBooを広げてPhotoshop作業をし、そのアーケード門にあった松尾カメラ(http://matsuocamera.com/)にデーターを持っていった。別館にスタジオもあり、おそらく3代目とかが経営しているのだろう観のする老舗の写真館だった。こういうところにDPEを出せるのはちょっと嬉しい。

 
長野県上田長野県上田長野県上田

上田城趾 会場に入って記録写真をちょっとスナップしたけど、いずれも面白そうだ。しかし途中から出席しようと思うも席は満員御礼だったので、再びロビーにて来週末に受ける科目最終試験の勉強をしていた。地方の温泉ホテルなんて確実にインターネットなどはできないと思っていたら、ちゃんと無線LANが設置してあってかつ要パスワードのやつだったので、とっても快適に過ごせた。
関東甲信越ブロック教科学習会 団体だったからか食事は普通だったけど、私からすると満足度100点で、今度は家族と来ようかな、と思っていたら、同じことを言う人も少なくなく、客観的にみてもなかなか良いお宿だったようだ。

 翌日は、長野のスタッフがガイドをしてくれて有志で上田市街と上田城を散策した。上田城には若い真田幸村がいて観光客とかに説明をしていた。城趾ありお寺あり公園ありお堀ありの一大プレイスポットと化していて、ここを見るために上田に来ても良いくらいだ。埼玉の大宮から新幹線で1時間というのもアクセス良し。