82才のビジネスクラス/82歲叔叔和商務艙
 

ビジネスクラス(往路) | 鶏肉飯 | 「金品茶楼」 | 九份 | ビジネスクラス(復路) | 土産

土産

 前回はLCCで苦労した荷物の重量制限も、今回はビジネスクラスだから30kgぐらいでもOKだ。
 しかし、それなりに台湾に来ていると取り立てて買いたいモノが林華泰茶行のお茶と書籍以外あまりなくなってしまう。あちらこちらの友人達にパイナップルケーキを数箱買うということもないし・・。海外に行ってお土産を買うのは旅の楽しみの一つとすれば、それがなくなってしまうのはやや哀しいところもある。


【 LTCラテックスの枕 】LTCラテックスの枕
 かみさんが「一つ欲しい」と言ったのは、旅のしおりに「途中、ラテックス寝具店にてショッピング」とあったからで、こういう明確なお土産リクエストは明確な旅行目的となるので嬉しい。
 ただ、ラテックス自体は天然ゴムとか云々の名詞で、それで作った寝具にはいろいろなメーカーがあり、アマゾンなどを見ると、玉石混交海千山千のリスキー観一杯でちゃんとした製品を探すのも一苦労な雰囲気がある。で言えば、台湾で買うのもリスキー観漂うが、近ツリ指定の土産屋だから思いっきりの粗悪品はないと信じたい。8,500円だったのでアマゾンで探せば同価格系のは沢山あるので、「台湾で買った思い出の枕」として割り切ることにした。
 ゴム製品なので特殊な真空袋に入れて縮小ペチャンコになる。が、真空袋は粗悪品なのでホテルに戻ると膨張復活孵化状態気味になっていて最後のパッキング時には手と足で踏みまくらなければならない手間が生じた。マットレスなどの大型製品購入時にはより細心なる密封度保持チェックが必要だ。
 LTCは、台湾埔里にある拉緹科技合名合資会社の快眠化学研究所制作のブランドなのだが、理由の分からない不安が微妙に残る。


【 北投石ペンダント 】北投石ペンダント
 前回のツアーでも行った主に北投石を販売する免税店「高雄百貨公司」にまた連れてゆかれた。
 最初の時はここで5つ北投石の入ったブレスレットをカミさんに買ったので、今回は自分用に、心臓とかに良いよ、などと言われたペンダントを買った。10,000円。
 若者や若い女性向きとは言えないデザインだけど、おやじの私がするので問題はない。予備のストラップなどもつけてくれてなかなかアフターケアーが良い。ラジウムとマイナスイオンを計測してくれたので、「北投石かもしれない」ぐらいに思えることができる。
 将来は肩凝りに良く効くと言われる北投石のネックレスがちょっと狙い目だけど、軽く10万円を超え、かつそれなりに重いのが悩ましいところだ。


【 中華民国マグカップ 】中華民国マグカップ
 2年前に買って愛用していたのだが、我が家では私が愛用している食器類だけが何故か寿命が短い。
 カップの内側にも国名が刻印してありコーヒーを淹れる時の目盛りに重宝している。免税店で285元(1,040円)だったが、場所と品物を比較すれば意外と割安だ。普通、こういうオリジナルカップは台湾では1,500円〜2,500円ぐらいするからだ。
 フチがかけてしまったのはペンスタンドとして第二の人生を送れるようにした。


【 「明太子小姐の東京生活手帳」 】「明太子小姐の東京生活手帳」
 台湾は中国と同じ中国系だけど日本への捉え方が微妙に違い、日本語をそのまま持ってきてかつ日本感覚的にそれを活用して受け入れていることがある。よって辞書を片手に拙い語学力で読んでも作者の表現したいところがストレートに伝わってくる時がままとしてある。
 著者は「明太子」という女性だけど、明太子だから九州福岡辺りで日本語を学んだとか、または明太子自体の語意が気に入ったからか、これからじっくり読んでみたいと思う。


【 林華泰茶行 】林華泰茶行
 台北に行けばたいてい買って帰る林華泰茶行のお茶を土産と言えるかどうかは置くとして、今回はスーツケースの関係から、いつもの400元(1,500円)のジャスミン茶を2斤だけ買ってきた。次回はちゃんとしたスーツケースを持ってゆき、ガツンと買ってくる予定だ。