オーラス海外旅行?/算了海外旅行?
 

サントスホテル | 林華泰茶行 | ニニ八記念館 | 孤独のグルメ | 猫村猴硐 | 程家 | 18ビール | 土産

オーラス?

 もう最後かな、を何回言っているのだろうという叔父とまた台湾へ行ってきた。たったの半年振りなんだけど。
2018年5月21日〜24日  中華航空(成田〜台北) 37,520円/1人
ホテル代:25,275円(8,425円×3日)÷2=12,637円/1人

サントスホテル ホテルも毎度となった3回目のサントスホテル(三徳飯店)。ウォシュレットが付いていて朝食も和食とサラダがあり、そして捷運メトロ民権西路駅から徒歩5分なのが叔父のお気に入りのようだ。ただホテルは改装の為、今年の9月から1年間ぐらいお休みするそうで、どうしようかと叔父は心配していた。最後じゃないのか?

 台北桃園空港まで捷運メトロが繋がり、初めてそれに乗った。
 台北駅まで行くと聞き及んでいたが既存の台北駅と繋がっていないようで地図上では「・・・」になっていて、唯一繋がっていそうなのは三重駅がありそこで乗り換えれば民権西路駅まで1本なのに、叔父は「台北駅まで行ってみようよ」。
サントスホテル 果たして繋がってはおらず一度改札を出ることになった。同じ捷運でも日本の都営と営団のように別会社なっていた。スーツケースをゴロゴロ引っ張りながらだから、それなりに歩かされ、大阪駅と梅田駅ぐらいの距離があるのだが、それも平坦ではなく小さな階段が幾つもある。腰痛防止の為に全てエスカレーターかエレベーターを使ったので倍以上の時間がかかった。それでも必ずどこかにエレベーターがあるのは大したもんだ台北。
 結局使わなかったけれど三重駅の方がスムーズに乗り換えができると思う。また宿泊先によってはバスの方が良い場合がある。

 叔父は今回、座骨神経痛になり医者へ行って注射や薬をもらったと言っていたので、杖をもってくるように厳命した。
 杖を持っていると思わぬメリットがあり、やや混雑していた税関では障害者等の窓口に通されたり、捷運や台湾鉄道の係員が丁寧にエレベーターやエスカレーターの所在地をわざわざやってきて教えてくれたりした。あまりにも親切なので恐縮してしまうほどだった。これからすると痛風発作でも杖を持って台湾へ行ける、ということだ・・違うだろうな。

 お茶を買いに行く前に、前回行った捷運民権西路駅前にあるパン屋「一之軒」へ行く。
 いろいろな可愛いオリジナルなパンを売っていて、適当に選んで奥のコーナーでコーヒータイム。

「伍柒玖」のチャーハン 2度目のパン屋「一之軒」 「一之軒」でコーヒータイム

サントスホテル | 林華泰茶行 | ニニ八記念館 | 孤独のグルメ | 猫村猴硐 | 程家 | 18ビール | 土産