健康診断前夜の食事

 いつもの看護婦さんに、前夜の食事は9時までにしてください、当日は水も飲まず8時半に来てくださいね、と言われたので、9時半終了を目処に晩酌中で、明日は無料の健康診断。
 市の健康診断から無料なので20代後半から受け続けて、早30年強。
 無料でチェックしてくれるのだから良いよね、サラで受けたらドッグになり万を超えるから。途中から実費分支払いとなったが、それでも2,000円ぐらいなので無料に等しい。

 30歳前から受け続けてきた理由は特になく無料だからぐらいで、続けるとそれがデフォルトとなり、通知が来るとその日の午前中だけ仕事を空けてホイホイと通っていた。
 50代までは、たまに検査にチェックが入ると「へへへ・・・赤もらっちゃった」とやっていたが、かように還暦越えると、結果とかがマジになってくる。
 検査結果が悪くとも「大丈夫だよ、そのくらい。良くある話しだよ」が、説得力のない気休めにしか受け取れなくなり、言ったヤツを配慮に欠けたいい加減なヤツだと見定めてしまう逆恨み思考にもなってしまう。

 検査して癌の腫瘍がありますね、と理由も原因も分からず言われる可能性が高過ぎる世代になったので、「なんで私が?」という楽観主義にはなれず、それなりの覚悟をして健康診断に臨むようになった。
 ただ嬉しいのは、バリウムから内視鏡に変わったことで、その場で担当医からのモニター投影付きでの簡易診断があることだ。ここで?があれば確実にビンゴだろうと覚悟する。
 また、ご存知のように健康診断は「全て」ではなく、医療費削減の昨今、チェック項目もややすぼみ状態のところでは、保険の効かない頭から足のつま先までの正統フルコース人間ドッグではないと納得しない貴兄もいるだろう。しかし、それは普通乗用車の税金を加算した車検代ぐらいかかるので、私のような庶民レベルでは宝くじが当たってから申し込みたいと思っている。

 ただ、貧乏庶民のくせに酒とタバコをやっている身からすると、2年ごとの脳ドックぐらいは必要かと思い、早割りソープランド1回分ぐらいの価格(そおなの?)のを予約した検査日が週明けにある。
 脳梗塞とか脳血栓(かな)などが分かり、それで分かるの?という認知症もチェックしてくれるようだ。
 認知症は、まだまだ先だよ、と思っていたのだが、つい先日、zoomで友人と会話している時に、友人は自分のことを述べているのだが、私は共通の知人Aさんのことを述べているものだとばかりに思って聞いていたことがあり、生まれて初めての経験としてショックを受けている。ちょうど認知症もチェックしてくれるのでラッキーと言える。

 明日検査なので消化の良い酒の肴として、京樽の握りをカミさんが買ってきてくれた。
 ただ、京樽はスシローの傘下に入ったので看板は京樽だけど品物ラベルはスシローと記されている。
 京樽は、私の記憶では学生時代の45年前に「小僧寿し」の後ぐらいにオープンし、そのファミレスが当時住んでいた埼玉越谷市の隣の竹の塚4号線沿いにできたので、たまに通っていたところから始まる。
 茶巾寿司をメインとする丁寧な寿司屋で微妙な高級感と瀟洒感があって憧れ的に好きだったのだが、スシローの傘下か・・・。
 なんか良質なビデオのベーター版がVHSを凌げなかった令和版みたい。

そば屋のカレーとラーメン

 近所のそば屋が店を畳んで以降は、駅近くのそば屋に行っていたのだが、前述の中華屋同様、マスクして数分も歩くのか、と思うと憂鬱が優先し、たまに行くぐらいだった。

 そんなところ近所を車で走っていたら、見落としていたのだろう見知った街道にそば屋を見つけた。それも数台停められる駐車場もあった。
 カレーはもちろんのこと、なんとラーメンもありヤキソバもあった。また一杯やるためのツマミも豊富で昔のそば屋そのものだ。
 私にとっては、マスクして数分歩くのなら、この車で15分の方がパラダイスだ。

 最初はガツンと行ってみようと、カツ丼+たぬきうどんセットを注文。
 うどんのつゆは伝統的な関東の味だ。
 次は、カレーかラーメンだな、と思っていたところ、今回はカレーだった。
 あまり出ないのだろうか、いつ作ったのだ?という濃さになってはいたが、蕎麦つゆが微妙に効いていて、正しい「そば屋のカレー」だった。
 そば屋の福神漬けも昔ながらの正しい赤色で、今風の黄土色ではない。
 このカレーに限らずカツ丼など、もしかしたら全国のそば屋から消えて絶滅してしまったのかもしれない以前は必ず添えてあったグリーンピースがないのはやや寂しいところでもある。そう思うのはじじーだけか。

 表には「アルバイト募集中。時給1,000円」とあったのでこのご時世のそば屋にしては、大繁盛なのだろう。数台の駐車場があるのがポイントかも。11時半を過ぎると外回りの営業マン達が続々入店してきたからだ。
 ただ、食べログサイトや雑誌とかでいろいろ紹介宣伝されて、「行列ができるそば屋」というものではない。各地元を探せば似たようなそば屋が当然ある。
 また、例えばココイチのより美味いとか云々ではなく、寿司で言えば、握りと押し寿司の違いぐらい。

 店を畳んでしまった近所のそば屋のおばちゃんが「あっちこっち美味しいラーメン屋ができたので、ラーメンの注文が少なくなってしまったのでメニューからハズしてしまったのよ」。
 当然スープはプラス麺つゆだ。昭和40年ぐらいまでの一般的なラーメンと言えば、そば屋のかチャルメラの2つしかなかった。

 そば屋のラーメンは、行列なんてできないから手軽だ。
 試しに騙されたと思って、一度そば屋のラーメンへのチャレンジはいかがだろうか。マズかったらそれは、私に騙されたということになるぐらいだ。言えば、そば屋のカレーもハズせないところ。
 

家庭用精米機

 サタケという米業界では老舗の信頼メーカーという家庭精米機を使って6年。米はオヤジの実家福島から新米を譲ってもらって20年。
 すごく美味しいのだけど、かと言って「他の米は喰えねぇ」と言う程、口が肥えていない、または、他の米もそれなりに美味しいから、えーんじゃないってやつ。
 また、他の米は場合によっては、丼のように上にいろいろ乗っていたりしていると、混ざって良く分からないというのもある。
 ただ、作ってそれなりに時間が経って食されるのを前提とするコンビニの弁当等は、美味いまずいとかではない別なモノという印象がある。
 また、「温めますか」のリクエストに応えた弁当は、私には抵抗感のある味/風味となり、それならそのまま冷めたモノの方が割り切って美味しいと感じる。←変態か。

 こういう家庭用精米機って、終わった後の清掃が結構面倒でテマがかかる。
 しかし、このテマのない方法を見いだしたとしても、その余った時間で何をする、と言われると何もない。むしろ亡くなった方のオシロスコープのような生活にリズムを刻んでくれる作業である、と思ってやるとそれほど苦でもない。そのうち私も平坦なオシロスコープになると。

 それでも、10月にもらってきた30kgは香りもあって特に美味いと感じた。
 しかし2袋目は、保存等に問題があるのだろう、1袋目のとは違っていて「米って生もの」に近いかも、などと思ったりしている。
 とは言え、それは1袋目と比べてのこと、そして水加減も微妙にある。もっと言えば水温もあり、同じ水でも夏場と冬場では15度ぐらいの差があるのだが、炊飯器ってその水温を気にしていないよね。それらからする重さか?

 というのは、精米した後の米糠はどうするのかがあり、糠漬けはやはり野菜が美味くて豊富な夏場なので、今年初めて米糠を抜け付のためにキープした。
 当社比だけど、冬場の糠漬けは美味くない。冬場は白菜とかだ。さすがに自宅で白菜を漬けるほど昭和チックな家ではないので、店主がばーちゃんでそのばーちゃん自家製というのを買ってきている。

5月某日

 ちょっとした仕事も一段落して、在宅ワークならず在宅漢検学習があり、それも試験日まで1ヶ月。
 範囲広過ぎて市販のテキストではフォローできないので2~3冊やってなんとか合格点の80点をフォローできるというところから、結果見るまで安堵できない状態だ。なんでこんなのにチャレンジしたのだろうか・・・。
 気分転換で主夫したり、仕事したり、酒飲んだり、猫パコと遊んだりと。

 暖かくなってので昼下がりまで、猫パコはベランダで遊んでいる。
 とても綺麗とは言えないベランダの床で横たわりまくり、そのまま拙書斎机の上に乗ってスリスリは衛生上どうなのだろうか、と思うも、もう数年以上続いていることなので、今のところ健康に問題はない。私のことだけど。

朝定のご飯

 朝とか午前中、面倒だったり妙に腹が減っていたりすると、朝定食やモーニングランチとかに行ってしまう時がままとしてある。
 パンではなくご飯が多いのだが、昨今何処で食べてもご飯はそこそこに美味い。
 その中で変な時間とタイミングによって微妙に違いがあるのは、ちょっとジャー臭かったりして、昨夜からの残りか、とやや意気消沈。
 この臭いの強さもさまざまなので、残っているご飯の量によって違うのかもしれない。
 逆に炊き立てで、すごーく美味いご飯の時もあり、ラッキーな気分になる。

 店舗関係なくジャー臭いのも炊き立てなのも1割~2割ぐらいの遭遇率で、8割は普通に美味い。

 写真のは普通の美味さだったが、このような店舗内で撮った写真でジャー臭いのと炊き立てなどが分かるのだろうか。光源がバラバラだし、私+iPhoneレベルだとちょっと難しいね。

 いずれにしろこんな価格で元は取れるのかというようなコスパ最高価格(400円前後)なので、ジャー臭かったにしろとっても満足ではある。